ヴァレリアン 千の惑星の救世主2018/04/03


ヴァレリアン 千の惑星の救世主

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」 TOHOシネマズ日比谷(初!)
西暦2740年。銀河をパトロールする連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は、あらゆる種族が共存する「千の惑星の都市」として銀河にその名を知られるアルファ宇宙ステーションを訪れる。しかしその深部には宇宙を揺るがす邪悪な陰謀や、歴史から抹殺されようとしていたある秘密が隠されていた。
ヴァレリアンは主人公の名前だったのですね。捜査官としては優秀だけど、ややチャラいキャラクターでしたが、その軽さが良かったです。相棒のローレリーヌは、スーパーモデルとして有名なカーラ・デルヴィーニュ。主人公2人が魅力的でした。2740年というのは、想像もつかない未来で、それゆえ、いろいろ登場するが新鮮でした。カラフルでキテレツな世界でした。イーサン・ホークも出演していました。
監督は「レオン」「フィフス・エレメント」のリュック・ベッソン。最近では「LUCY ルーシー」とかもありますね。


今作は「アバター」や「スター・ウォーズ」なんかを混ぜたような印象でした。いっぱい宇宙人が出てきます。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/04/03/8817670/tb