しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2018/03/11



「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」 東劇
カナダ東部の町で叔母と暮らすモード(サリー・ホーキンス)は、小さい頃からリウウマチを患っていた。魚の小売をしているエベレット(イーサン・ホーク)が、家政婦募集の広告を貼り出しているのを見て、独立の為、彼が暮らす町外れの小屋に押しかける。住み込みで働くが、同居生活は初めはうまくいかなかった。あいた時間に、家の壁等に絵を描き始める。カードに描いた絵が売れ、次第に評判を呼ぶようになる……。
カナダの有名な女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を描いた人間ドラマ。私はモード・ルイスという画家は知りませんでした。素朴でかわいい絵を描く人でした。なんといっても明るい色合いがステキです。カナダの美しい四季と、たどたどしい2人の恋愛が良かったです。イーサン・ホークはかっこ良かったです。年を重ねた姿もまや良いです。感情表現に不器用な男の役でした。モード役のサリー・ホーキンスも適役です。アカデミー賞作品賞で話題の「シェイプ・オブ・ウォーター」や「パディントン」ではお母さん役を演じてますね。
エベレットと結婚し、その後、絵が売れても、電気もガスもない小さな家に住み続けます。家がモードの絵で、可愛くなっていきます。大好きな絵を、描き続けて、夫にも理解されて、幸せだったと思います。

★★★★☆ 4-


モード・ルイスの絵をご紹介します。ポストカードがあったら欲しいです。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/03/10/8801307/tb

_ 映画に夢中 - 2018/03/15 17:34

カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。監督はドラマ「荊の城」を手がけたアシュリング・ウォルシュ。あらすじ:カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモードは、買い物中に見かけた家政婦募集の広告を貼り出したエベレットに興味を抱き、彼が暮らす町外れの小屋に押しかける。子どもの頃から重度のリウマチを患っているモード。孤児院育ちで学もないエベレット。そんな2人の同居生活はトラブルの連続だったが、はみ出し者の2人は互いを認め合い、結婚する。そしてある時、魚の行商を営むエベレットの…