乾山晩愁2018/03/08


乾山晩愁

「乾山晩愁」 葉室 麟・著 角川文庫
天才絵師尾形光琳が没して以来、弟の尾形乾山は陶工としての限界に悩んでいた。追い討ちをかけるように、二条家から与えられた窯を廃止するとの沙汰が下る。光琳の思いがけない過去が、浮かび上がろうとしていた…。
2017年12月に葉室麟さんが亡くなって、悲しいです。その葉室さんのデビュー作です。「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞しています。
尾形光琳の美しい絵は、ファンも多いと思いますが、人柄については私はよく知りませんでした。この話は光琳が亡くなった後の話ですが、光琳のこともよくわかります。遊び人で浪費家だったみたいで、女遊びが激しかったと知って、ショックでした。弟の乾山は絵師でもあり陶工としても有名ですが、真面目な人のようです。
短篇集で、他の話も戦国から江戸の絵師たちの話でした。とても面白かったです。
尾形乾山、狩野永徳、長谷川等伯、清原雪信、英一蝶の話でした。
名前は知っていても、どんな絵を描いている人かはよく知らなかった人もいるし、興味が湧きました。今はネットで画像も検索できるから便利です。英一蝶の話「一蝶幻景」が印象的でした。
絵師同士のつながりがあったり、松尾芭蕉や井原西鶴など、有名人も出てきて、時代背景がわかります。忠臣蔵にも関わりがありました。
絵が好きな人には良いと思います。今後、展覧会などで、絵を見ることがあれば、今までとは違った思いで見ることができそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/03/08/8799564/tb