リメンバー・ミー2018/03/01



「リメンバー・ミー」 よみうりホール(試写会) 日本語吹替
天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族は音楽禁止とされている。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、「死者の国」へと迷いこんでしまう。ミゲルはそこで出会った陽気で孤独なガイコツのヘクターに協力してもらい、元の世界へ戻る方法を探るが……。
舞台はメキシコで、色が華やかです。日本のお盆のように「死者の日」には、死者が戻ってくると言われていて、その為に、写真を飾り、料理を用意して、花びらを散すようです。それが死者の帰り道になるのです。こういうメキシコの風習を知ることができるのも良いし、日本でも迎え火を焚いたり、お供え物を用意したり、なすときゅうりで、馬と牛を作ったりしますよね。この映画では、写真が飾られていない人は死者の日に現世に戻ることができないということ。覚えていてくれる人がいないとならないわけです。
ピクサー映画は大好きなのですが、やはりこの映画も良かったです。試写会だったので、日本語吹替になってしまったので、歌も日本語だったし、作品の中の看板まで、日本語に変わっていました。映画館での上映の時には「アナと雪の女王」の短編も同時に公開されるのだけど、試写会では上映はなかったのが、心残りです。「リメンバー・ミー」は映像もすごくきれいなんですが、話がよくできていました。おすすめです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/03/01/8796004/tb

_ 映画に夢中 - 2018/03/19 21:35

「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら描いた。物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の作詞・作曲を、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー ありのままで」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当。第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞および主題歌賞を受賞した。あらすじ:天才的なギターの才…