西遊記 ヒーロー・イズ・バック2018/01/09



「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」 ユナイテッドシネマ豊洲(試写会)
「西遊記」を題材とした中国産アニメーション映画。
伝説のヒーロー、孫悟空が五行山に封じ込められてから500年。妖怪の存在に脅かされている長安の町に暮らす孤児の少年リュウアー(声:羽村仁成)は、ある日、妖怪に襲われていた女の子を助ける途中で五行山に迷い込み、偶然にも孫悟空(声:咲野俊介)を目覚めさせてしまう。封印から目覚めたものの、本来の力を発揮できずにいた孫悟空だったが、リュウアーらと行動するうちに、妖怪に立ち向かっていく……。
リュウアーの声が子どもらしいかわいさもあって、感情もこもっていて良かったです。
アクションのスピードが速くて、迫力ありました。水墨画のような情景や、龍など、中国っぽさがいっぱいで、面白かったです。
自信家で、意地っ張りの孫悟空。リュウアーにとっては憧れのヒーロー。リュウアーをふりきろうとしているのに、なつかれて後をついてきて困ってしまうものの、いつのまにか、強い仲間意識が芽生えていく、その流れがとても良かったです。
下っ端の妖怪たちは、どこかマヌケだし、猪八戒はお調子者。妖怪たちのボスは不気味だったけど、大人から子どもまで楽しめる映画だったと思います。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/01/09/8765840/tb