五郎治殿御始末2017/11/09

五郎治殿御始末
「五郎治殿御始末」 浅田 次郎・著 中公文庫
幕末維新の激動を生き抜いた武士像を描く時代短篇集。
映画化された「柘榴坂の仇討」も収録。
桜田門外の変から13年。御駕籠回り近習として主君・井伊直弼を守ることができなかった志村金吾は、 明治維新を経た後も、ひたすら仇を探し続けてきた。ついに見つけた刺客の生き残りは、直吉と名を変え、俥引きに身をやつしていた。仇討禁止令が布告されたその日、雪の降り積もる高輪の柘榴坂で、 二人の男の運命が交錯する。
短編集なのに、一つの話を一気に読めない場合もあって、登場人物がどんな人だったかを、すぐに思い出せず、また前の方から読み直したりしました。幕末維新で、武士の時代が終わってしまうことにとまどい、考え方を変えなければ生きていけない男達の物語でした。映画になった「柘榴坂の仇討」は見ていません。映画にするには短い話だけど、「鉄道員(ぽっぽや)」や「ラブ・レター」なども、短編から映画にしているから、それなりの長さになっているのでしょうね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/11/09/8723811/tb