シンクロナイズドモンスター2017/11/07

シンクロナイズドモンスター
「シンクロナイズドモンスター」 ヒューマントラストシネマ渋谷
ニューヨークで職を失い、お酒を飲んで失敗ばかり、同棲中の彼氏に愛想尽かされてしまったグロリア(アン・ハサウェイ)。しかたなく生まれ故郷の田舎町に帰ってくる。そんなおり、韓国ソウルで謎の大怪獣が出現したというニュースが世間を騒がせていた。テレビに映し出された怪獣の映像を見たグロリアは、ある異変に気づく。それは自分の動作が巨大怪獣の動きと見事にシンクロしているという驚きの事実だった。
なぜか巨大怪獣を操ることができるようになってしまって、初めは面白がっていたけど、トラブルに巻き込まれていく…。
そのへんに納得できる説明もなく、変わった映画でした。美しく仕事ができそうなアン・ハサウェイなのに、この映画の中では、いつも酒に酔っては、寝てばかり。なんだかもったいないのです。前半は特に映画もモタモタしているように感じました。ありえない設定は映画だから、それも良いと思うのだけど、主人公の心情もよくわからず、他の人も急に人が変わってしまう気がします。B級感が漂う映画です。製作総指揮にアン・ハサウェイも名を連ねています。しかし、ダメダメ女子で、カジュアルなファッションでも、アン・ハサウェイはやっぱり美しいのです。

★★★☆☆ 3-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/11/07/8722395/tb