阿蘭陀西鶴2017/11/01

阿蘭陀西鶴
「阿蘭陀西鶴」 朝井 まかて・著 講談社文庫
江戸前期を代表する作家・井原西鶴。彼の娘おあいは、盲目の身ながら、亡き母に代わり料理も裁縫もこなす。一方、西鶴は、身勝手で騒動を巻き起こす困った男。傍迷惑な父親と思っていたおあいだったが、何にでも興味津々で、妥協はせず、父の性格や本心を知っていくと、父への想いが変わり始める。
「好色一代男」「世間胸算用」などの浮世草子で知られる井原西鶴は、もともとは俳諧師だったのですね。松尾芭蕉や近松門左衛門と同時代を生きていて、芭蕉をライバル視していたみたいです。
盲目の娘・おあいを語り手に、西鶴の人物像、親娘関係、現代に残る物語が書かれた裏側を知ることができます。
料理上手で、なんでもできるおあいは、読み物は読めないけど、父が書きながら朗読するので、たくさんのこと知る事ができます。暗い中でも裁縫ができ、灯りがないと何もできない普通の人の方がかえって不便ではと思っているところがあって、確かにそうだと思いました。でも、そんなおあいが、買い物に出て、道がわからなくなった時は、ハラハラしました。個性的な父親だけど、亡き妻やおあいを想う気持ちがわかってくると、良い人だったと思います。おあいもけなげな娘でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック