ゴッホ展 巡りゆく日本の夢2017/11/01

ゴッホ展
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」 東京都美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、パリ時代からアルル時代前半にかけて、浮世絵や日本に関する文献を集めるなど、日本に高い関心を寄せていました。逆に、ゴッホの死後、日本の芸術家や知識人が、この画家に憧れ、墓のあるオーヴェール=シュル=オワーズを巡礼していたのだそうです。ゴッホの油彩画やデッサン約40点、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点、他関連資料の展示でした。ゴッホの生の絵と、浮世絵も見れる不思議な展示でした。

阿蘭陀西鶴2017/11/01

阿蘭陀西鶴
「阿蘭陀西鶴」 朝井 まかて・著 講談社文庫
江戸前期を代表する作家・井原西鶴。彼の娘おあいは、盲目の身ながら、亡き母に代わり料理も裁縫もこなす。一方、西鶴は、身勝手で騒動を巻き起こす困った男。傍迷惑な父親と思っていたおあいだったが、何にでも興味津々で、妥協はせず、父の性格や本心を知っていくと、父への想いが変わり始める。
「好色一代男」「世間胸算用」などの浮世草子で知られる井原西鶴は、もともとは俳諧師だったのですね。松尾芭蕉や近松門左衛門と同時代を生きていて、芭蕉をライバル視していたみたいです。
盲目の娘・おあいを語り手に、西鶴の人物像、親娘関係、現代に残る物語が書かれた裏側を知ることができます。
料理上手で、なんでもできるおあいは、読み物は読めないけど、父が書きながら朗読するので、たくさんのこと知る事ができます。暗い中でも裁縫ができ、灯りがないと何もできない普通の人の方がかえって不便ではと思っているところがあって、確かにそうだと思いました。でも、そんなおあいが、買い物に出て、道がわからなくなった時は、ハラハラしました。個性的な父親だけど、亡き妻やおあいを想う気持ちがわかってくると、良い人だったと思います。おあいもけなげな娘でした。