花祭2017/10/26

花祭
「花祭」 平岩 弓枝・著 講談社文庫
裕福だが愛のない夫と暮す彩子は、完成された大人の魅力を発散する。同僚で、同じ調香師として働く彰吾は、彩子に惹かれながらも、上司の娘との結婚が整う。日本と南仏の香水の町・グラスを結んで繰り広げられる恋愛サスペンス。
読みながら想像するだけですが、フランスの街がステキそうです。花祭もどんなものだろうなぁと。内容はかなり前の小説なので、あたりまえだけど携帯電話もなく、不便だと思いました。昔のメロドラマのような話だと思っていたら、十朱幸代主演でドラマにもなっていたようです。横暴な夫に苦しめられ、思い通りにならない女性というのは、昔の話という気がします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック