グッド・タイム2017/10/25

グッド・タイム
「グッド・タイム」 ユーロライブ(試写会)
ニューヨークの最下層で生きるコニー(ロバート・パティンソン)と弟ニック(ベニー・サフディ)。2人は銀行強盗を行うが、ニックだけ捕まり投獄されてしまう。弟の保釈を試みるコニーだったが、ニックは獄中で暴れ病院に送られていた。コニーは病院へ忍び込み、警察が監視するなか、弟を取り返そうとする。しかし…。
監督・脚本は「神様なんかくそくらえ」のジョシュア&ベニー・サフディ兄弟。ニック役も監督が演じています。ちょっと知的障害があるらしい難役です。そして、ロバート・パティンソンが、今まで知っているイメージとは違っていて、知らなかったら気がつかないで見ていたかも。言葉巧みに周囲の状況を利用して、逃走を図っていく役なんです。クライム・ムービーだけど、タイトルが何故グッド・タイムなのかは、よくわからなかったです。音楽がスタイリッシュで、かなり主張が強いです。心がザワつくような音楽でした。
次々と状況が変化し、想像をくつがえす展開でした。最後も私には意外でした。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック