ブレードランナー ファイナル・カット2017/10/21

ブレードランナー ファイナル・カット
「ブレードランナー ファイナル・カット」 丸の内ピカデリー
2019年、惑星移住が可能になった未来。レプリカントと呼ばれる人造人間が謀反を起こし、地球に侵入。レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカード(ハリソン・フォード)は追跡を開始する。一方、彼は製造元のタイレル社でレイチェル(ショーン・ヤング)というレプリカントに会い、心を通わせていく…。
公開当時も話題になりました。リドリー・スコット監督の代表作。
もうすぐ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が撮った続編が公開されるので、おさらいに見ておきました。テレビで見たような気がするけど、あいまいだったし、すっかり忘れています。爆音映画祭の上映だったので、いったいどんなに爆音なんだろうとドキドキして行きましたけど、うるさいくらいの音量ではなくで、音が大きくて迫力あるという程度でした。
舞台が2019年のロスアンゼルスらしいけど、2019年と言ったら、現実ではすぐそこまできていますね。酸性雨が降り続く世界で、日本とアジアが混ざっているような不思議な未来です。日本語の看板が多いので、日本人はつい読んでしまいます。
大きいスクリーンで見たこともあり、とても芸術的に感じました。なんといっても独特の世界観がよくできていています。今の技術だったら、もっとすごいのができるとは思うけど、当時は斬新だったと思います。
当たり前だけど、ハリソン・フォードが若いです。ルトガー・ハウアーやダリル・ハンナがレプリカント役で、不気味さもあって、サスペンスタッチでした。そしてショーン・ヤングとの関わりは、結構ロマンチックな映画だったのだなぁと思いました。印象が変わりました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック