トットひとり2017/10/20

トットひとり
「トットひとり」 黒柳 徹子・著 新潮社
「ザ・ベストテン」の始まりと裏側、テレビ草創期を共に戦った森繁久彌、著者が好きだった人たちや、理解してくれた人たち、向田邦子、渥美清、沢村貞子、杉浦直樹など、思い出や心境を綴ったもの。
黒柳さんといえば「徹子の部屋」「世界ふしぎ発見!」が、近年のイメージだけど、意外な人たちと交友があって、ただ仲が良いというだけじゃなく、家族のような深いつながりがあったことを知りました。とても面白かったし、知らなかったことが多かったです。
シンプルでわかりやすい文章でした。すでに亡くなっている方々との交遊録のような感じなんだけど、黒柳さんの若かりし頃からの人生がわかります。「窓際のトットちゃん」は子ども時代だったけど、この本は仕事への取り組みや考え方が伝わってきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック