ジュリーと恋と靴工場2017/10/04

ジュリーと恋と靴工場
「ジュリーと恋と靴工場」 シネスイッチ銀座
25歳のジュリー(ポーリーヌ・エチエンヌ)は仕事も、お金もない。やっとのことでフランスのロマン市にある高級靴メーカーの工場での仕事に就くことができた。まだ試用期間だったが、工場は近代化の煽りを受け、閉鎖の危機に直面していた。居場所を失うことを恐れた靴職人の女性たちが抗議のためパリの本社へと乗り込み騒動を起こし、ジュリーもこの騒動に巻き込まれてしまう。
なつかしい感じのフレンチミュージカルでした。フランス映画というのは知っていたけど、こんなに歌って踊るとは思わなかったので、驚きました。淡いパステルカラーが中心のオシャレな色合でしたが、ちょっと暗めで、古めかしさがあります。昔の映画を見ているみたいでした。ステキな靴がいっぱい出てきました。主人公にはあまり共感できなかったです。でもミュージカルは好きなので、見れて良かったです。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック