舟を編む2017/09/28

舟を編む
「舟を編む」 三浦 しをん・著 光文社文庫
出版社の営業部員・馬締光也は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書『大渡海』の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締は運命の女性と出会う…。
本屋大賞受賞作で、映画にもなりましたが、私は映画も見逃していて、初めて全貌がわかりました。一言で言うと、素晴らしかったです。辞書作りにかける果てしない情熱や、作業の大変さが、ヒシヒシと、伝わってきました。
登場人物たちが個性的で、会話もオシャレでした。辞書を手に取りたくなりました。
タイトルの舟を編むと言うのも、読んでみるとピッタリあっていると思いました。

コメント

_ りさ ― 2017/09/30 00:35

単行本になってすぐ買って読み、映画も観ました❗
本好き、活字好き、紙好きにはたまらない世界ですよね。
松田龍平と宮崎あおい、よかったです😃

_ spice管理人 ― 2017/09/30 12:03

りささん
言葉へのこだわりが、すごいですよね。近頃は使わなくなった言葉があるけど、美しい日本語は、残していきたいです。映画ではオダギリジョーさんが演じた西岡役は、本で読んでみたら、私はムロツヨシさんをイメージしました。映画も見たくなりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/09/24/8681574/tb