弔い花 長い腕 III2017/09/22

弔い花
「弔い花 長い腕Ⅲ」 川崎 草志・著 角川文庫
早瀬の旧家、東屋敷の一人娘が殺害された。この地で起こった過去の呪いと関係があるのか。調査を開始する主人公・汐路。そんな中、町の歴史の暗部と呪いの因果を暴露した本が出版され、ネットを中心に早瀬バッシングが起こる…。
シリーズ3冊目なので、これだけ読むとわかりにくいですが、過去のいきさつが絡まって、完結する内容でした。あまり喜びはなかったけど、最後がわかって落ち着きました。現在と過去の話が順番に語られて、謎だった部分がわかりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681318/tb