真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者2017/09/06

「真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者」 大沼 紀子・著 ポプラ文庫
シリーズ第5弾。真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。そのパン屋の居候・希実の前に、手から白いハトを出す怪しげな中年男が現れる。それが店を揺るがす大騒動の幕開けとなる。一方、小さい頃から置き去りにされてばかりで、疎遠だった母親と久しぶりに再会した希実だったが、意外な人物が入院中の母を世話してくれることに…。
これまでのお馴染みのメンバーの登場は少なく、謎だった部分が明らかになりつつありました。4巻を読んでから間があいてしまったので、ちょっと初めはとっつきにくかったけど、最後まで読んだら良かったです。6巻目が最終巻らしいので、そちらも読みたいと思います。いつも通り、パンがおいしそうでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック