ロスト・イン・パリ2017/08/12

ロスト・イン・パリ
「ロスト・イン・パリ」 ユーロスペース
カナダの小さな村で暮らしているフィオナ(フィオナ・ゴードン)のもとに、パリに住むおばのマーサ(マニュエル・リヴァ)から手紙が届き、老人ホームへ無理やり入れられそうだからと、フィオナに助けを求めてきた。マーサのために、フィオナはパリへと旅に出る。しかし、アパートにマーサの姿はなく、その後、セーヌ川に落ちたフィオナは全財産をなくしてしまう。さらに謎の男ドム(ドミニク・アベル)につきまとわれることに…。
「ルンバ!」で知られるベルギーの道化師夫婦ドミニク・アベルとフィオナ・ゴードンの製作・監督・脚本・主演による、夏のパリを舞台にしたコメディです。
色彩豊かで、滑稽でマンガっぽいです。ミュージカルではないけど、踊りもあります。独特なテンポで、話は意外な方向へ、でもちょっとブラックなところがあります。おしゃれな映画だけど、そのノリについていける人といけない人がいるかもしれないです。パリが好きな人には風景も楽しめます。エッフェル塔の上のシーンは、ハラハラします。
マーサ役は「愛、アムール」のエマニュエル・リヴァで、2017年1月に89歳で亡くなったそうです。「愛、アムール」の時とは、かなり印象が違っていて、コメディエンヌぶりを発揮していました。

★★★★☆ 4-

公式サイト
  ↓
http://www.senlis.co.jp/lost-in-paris/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/08/12/8644856/tb