ボンジュール、アン2017/07/29

ボンジュール、アン
「ボンジュール、アン」 TOHOシネマズシャンテ
仕事で成功を収めている映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)を支える妻アン(ダイアン・レイン)。
ある日、アンは夫のビジネスパートナーであるジャック(アルノー・ヴィアール)と一緒に、車でカンヌからパリへ向かうことになる。
フランス人のジャックは、アンを案内しながら、やたらとあっちこっち寄り道。アンは早くパリに到着したいと思っていたのに、美しい景色や美味しい食事、ジャックとのシャレた会話を楽しむうちに、かけがえのない旅になっていく。
フランシス・フォード・コッポラの妻エレノア・コッポラが80歳にして初めて長編映画の監督・脚本を手掛けたのだそうです。自身の体験がベースになっているとか。夫も娘も映画監督、やはり才能があるのだと思います。
フランスをドライブする気分が味わえる大人向けのロード・ムービー。食べ物がおいしそうだし、風景、ワイン、食事、遺跡、絵画など、見ていて楽しいです。映像が明るいのも良かったです。アンが趣味で撮っている写真もステキでした。ダイアン・レインのきどらない美しさも魅力。同じく主演した「トスカーナの休日」とも通じるところがあります。
40代以上の女性におすすめの映画。フランス的、人生の楽しみ方を教えられます。
女友達と一緒にこの映画を見て、その後フレンチレストランで食事というのが良いかもしれません。

★★★★☆ 4