散り椿2017/07/13

散り椿
「散り椿」 葉室 麟・著 角川文庫
上役の不正を訴え出たため、時の権力に負け、藩を追放された瓜生新兵衛。追放後も連れ添い続けた妻の最期の願いを叶える為に、18年ぶりに藩に戻ってきた。そこで新兵衛は、藩主代替わりに伴う側用人と家老の対立を目の当たりにする。かつての仲間も絡んだ、過去の不正事件の真相と妻の秘めた想いに近づいていく…。
岡田准一主演で映画化、2018年公開することが決定しています。
葉室麟のエッセンスが詰まった、代表的な作品だと思いました。
剣術に長けた主人公、藩の政治に巻き込まれる、陰謀、友情、親愛、師弟関係。
映画化の豪華キャストも知って、今からとても楽しみです。登場人物が多くて、藩の人達がどれがどうだか、ちょっとわからなくなってしまったけど、映画で見たら、わかりやすいかもしれません。戦いのシーンなども、本を読んでいるだけで、映像が思い浮かんできそうですけど、実際にどんな映像になるのかと期待しています。夫婦の深い愛にも注目です。今年読んだ本の中では一番良かったような気がします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック