アルチンボルド展2017/06/26


アルチンボルド展


「アルチンボルド展」 国立西洋美術館
ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593)は、16世紀後半にウィーンとプラハのジャプスブルグ家の宮廷画家。イタリア・ミラノ出身です。
果物や野菜、本、魚などをモティーフにして、人物にしているような絵が有名です。見たことある方も多いのではないでしょうか。そんなアルチンボルドの絵は、「だまし絵」展のようなところで、紹介されることはありましたが、「アルチンボルド展」として、まとまって見ることができるのは、貴重な機会だと思います。

        
        «夏» 1572年

代表作で、各4点からなる『四季』(春・夏・秋・冬)と『四大元素』(水・大気・火・大地)が、全部一度に見れます。それぞれがいろいろな美術館に所蔵されていて、個人所蔵のものもあるので、まとめて見られて嬉しいです。

あと「アルチンボルドメーカー」というのがあって、モニターの前に立つと、自分の顔がアルチンボルド風の絵になるのがあるのですよ。これは大人気でした。
一緒に写真を撮ることもできます。


これが私です。ブサイクだけど、楽しいですよ。ちゃんと横向きにもなります。
入場してすぐのところに機械が2台あります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック