ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル バベルの塔展2017/06/13

バベルの塔展
「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル バベルの塔展」 東京都美術館
ピーテル・ブリューゲル1世(1525年~-1530年頃生-1969年)。
ブリューゲルの「バベルの塔」は2種類現存していて、1つは有名なウィーン美術史美術館所蔵。今回の「バベルの塔」はオランダのボイマンス美術館からやってきています。日本で公開されるのは2回目で、私は前にも見ているので、再会という感じでした。24年ぶりに来日となっているので、もうそんなにたってしまったのかと思いました。それに、こんなに小さい絵だったっけと思ってしまいました。なんといっても緻密に描きこまれているので、いったいどうやって描いたのかビックリしますよ。人物もたくさん描かれています。
ボイマンス美術館まではなかなか行けないのですが、日本で見れるのはラッキーです。見る価値ありますよ。
ヒエロニスム・ボス(1450-1516)の作品も見れたので、良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック