ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展2017/06/11




「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」 
Bunkamuraザ・ミュージアム
1950年代からファッション写真の第一線で活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、忘れられた存在となったソール・ライター(1923-2013)。
2006年にドイツで出版した一冊の写真集がきっかけで再び脚光をあびる。ソール・ライター83歳の時。
その後、ドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」2012年に公開され、作品と人物が広く知られるようになりました。
この映画は日本での公開は2015年なんですが、私は見ていないのですが、映画館に行った時に、ものすごく混んでいる作品があって、満席売切れになっていた映画でした。そんなに満員の映画は何だろうと興味を持ったことが、私がソール・ライターという名前を知るきっかけでした。
今回の写真展は1950年代の商業作品から、再発見のきっかけになる作品集を出した頃の写真、絵画作品。プライベートフォトなど、200点以上作品が一堂に会しています。
写真なんだけど、絵画のようにも感じて、とても面白い写真展でした。商業写真は白黒写真が多くて、構図がおしゃれでした。カラー写真で、有名な人たちでもなく、日常の風景を切り取ったような写真が良かったです。この時代の空気をいきいきと感じます。古き良きアメリカという感じがしました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック