カフェ・ソサエティ2017/05/08

カフェ・ソサエティ
「カフェ・ソサエティ」 TOHOシネマズスカラ座
1930年代ハリウッド黄金時代。青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、業界の有力者である叔父フィル(スティーブ・カレル)を頼ってハリウッドにやってくる。フィルの秘書を務める美女ヴォニーことヴェロニカ(クリステン・スチュワート)に心を奪われたボビーは、映画スターやセレブリティを相手に、フィルの下で働きながらヴォニーと親密になっていくが、彼女には思いがけない恋人の存在があった。
美女たちがきらびやかなファッションで登場し、社交界(カフェ・ソサエティ)での恋愛模様を描いています。
ウディ・アレン監督らしい軽妙でおしゃれな映画でした。音楽センスも抜群です。「ローマでアモーレ」にも出演したジェシー・アイゼンバーグは、近頃はあまり出演しない監督本人の分身というか代弁者に思えてしかたないです。経験談を映画のベースにしているのかなと思ってしまいます。ウディ・アレン監督好きな人には良いと思います。
ここでつい頭をかすめてしまうのが「ラ・ラ・ランド」。「カフェ・ソサエティ」はミュージカルではないけど、似ているところもあります。もうひとつの別な選択があったらどうなっていたかと、誰もが考えることです。不満があるわけじゃない、十分に幸せなんだけど、もしもこっちを選んでいたら、どうなっていたのか。
現実では、不幸になった人が、あの時こっちを選んでおけばって後悔することの方が多いかもしれないけど。「ラ・ラ・ランド」を見た人が比較してみるのも良いかもしれません。でも、ちょっと単調に感じるところもあったかな。クリスチャン・スチュワート演じるヴォニーには、悪気はないのかもしれないけど、いろいろな点でかき回し過ぎていると思います。

★★★★☆ 4

コメント

トラックバック

_ 象のロケット - 2017/07/05 22:03

1930年代、アメリカ。 ニューヨーク・ブロンクス育ちのユダヤ人青年ボビーは、映画業界のエージェントとして成功した叔父フィルを頼りハリウッドへやって来た。 叔父の雑用係となった彼は、叔父の秘書をしている茶髪の女性ヴォニーことヴェロニカに恋をする…。 その後、故郷ブロンクスに舞い戻ったボビーは、ギャングの兄ベンが経営するナイトクラブのマネージャーとして活躍するように。 ある日彼は、顧客からヴォニーと同じ名を持つ金髪の女性ヴェロニカを紹介される…。 ラブ・ストーリー。