ウォルター・クレインの本の仕事2017/05/05


ウォルター・クレインの本の仕事

「絵本はここから始まった-ウォルター・クレインの本の仕事」 千葉市美術館

ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)は、19世紀後半にイギリスで活躍し、現代の絵本の基礎を築いた画家だそうです。知らない画家でしたが、色合いがきれいだし、物語の挿し絵は好きです。

『シンデレラ』や『眠り姫』『長靴をはいた猫』『マザー・グース』など、お馴染みの本もあったけど、全く知らない話もいっぱいありました。絵とともにあらすじも紹介されているので、それを読んでいたら、かなり時間がかかりました。
面白い展覧会で、気に入りました。


チラシの右上に描かれていたこの絵は「美女と野獣」だったのかぁ。映画を見たばかりではあるけど、野獣のイメージが違っていたから、「美女と野獣」の絵とは思わなかった。野獣がイノシシみたいだなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック