はじまりへの旅2017/04/07

はじまりへの旅
「はじまりへの旅」 ヒューマントラストシネマ有楽町
現代社会から切り離されたアメリカ北西部の森で、独自の教育方針に基づいて6人の子どもを育てる父親ベン(ヴィゴ・モーテンセン)。父の厳しい指導により、体力もついて優秀に育っている。18歳の長男は名門大学を受験して、合格通知を受け取った。ベンの妻で子どもたちの母親が亡くなったことを知り、葬儀に出席することと、妻(母)の願いを叶えるために、2400キロ離れたニューメキシコを目指す…。
学校へ行っていなくても、語学も堪能だし、知識も豊富。大自然の中でも、外敵に襲われても生きていくすべを身につけている子どもたち。でも普通とは違う生活、そもそも普通の生活を体験したり、友人と触れ合ったこともないのだ。現実にこんな親に育てられたら、間違っていると思わるかもしれません。義父とぶつかったりして、ベンも悩みますが、子どもたちは、どう判断するか。実際にどちらが良いのかとは答えられまないけど、家族で切磋琢磨し、強くつながりあっているのは、素敵でした。映画を見る方は、この家族の生活ぶりを眺めているのは、面白い体験でした。子どもはかわいいし、ヴィゴ・モーテンセンはかっこよかったです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック