パッセンジャー2017/04/05

パッセンジャー
「パッセンジャー」 TOHOシネマズ日劇
乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。それは生涯を宇宙船の中で終えてしまうということ、絶望的な状況下で、2人は惹かれ合っていくのだが…。
かっこいい男と美しい女性だから、映画がとして見応えがあるのかもしれないけど、結構面白かったです。SFにラブロマンスを織り交ぜた感じでした。未来は冬眠できるけど、寿命はそんなに延びてないのかなとか思ったりしました。アンドロイドやロボットなど、便利な未来を想像できます。
話の伏線かと想像していたところが、何もなかったです。もっと、いろいろ話を膨らませられそうな気がしました。当然だけど登場人物は少なかったです。
監督は「イミテーション・ゲーム」のモルテン・ティルドゥム。「イミテーション・ゲーム」とは違うタイプの映画でした。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/04/05/8444231/tb

_ 象のロケット - 2017/07/05 22:24

20XX年。 人類史上最大の移住計画によって、乗客(パッセンジャー)5000人と乗務員258人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が 地球を出発した。 目的地の惑星到着までの約120年間、全員が冬眠装置の中で眠っているはずだった。 ところが、エンジニアの男性ジムと作家の女性オーロラだけが、なぜか90年も早く目覚めてしまう。 途方もない危機的状況の中で、2人は惹かれ合っていく…。 SFアドベンチャー。 ≪目覚めたのには、理由がある―≫

_ 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ - 2017/07/30 07:49



最初に、当ブログが「SF」に求める重要な基準、を説明したい。

それは、「将来あるかもしれない未来」を垣間見れるか、どうか、という点。この点って、とても重要!(この後、問題発言に移る)
で、「スタートレック」はOKだが、比較では「スターウォーズ」はイマ...