お嬢さん2017/03/12

お嬢さん
「お嬢さん」 TOHOシネマズシャンテ
1930年代日本統治下の韓国。日本人華族令嬢・秀子(キム・ミニ)のもとへメイドとして雇われたスッキ(キム・テリ)。実は伯爵を名乗る詐欺師(ハ・ジョンウ)と結託していて、秀子を騙して莫大な財産を手に入れようとしている。
人里離れた土地に建つ屋敷で、支配的な叔父の上月(チョ・ジヌン)と暮らす秀子のもとで、メイドとして働きはじめる。献身的なスッキに心を開いていく秀子、スッキもまた秀子に心惹かれるていく…。
3部構成になっていて、A面とB面のようにスッキから見た話と、秀子から見た話が語られ、最後に結末が提示されます。
驚くのがほとんどが日本語で話していること。韓国語の時だけ字幕が出るのだけど、だいたいは日本人には理解できます。
日本風だけど、日本じゃない不思議な豪邸で、そのビジュアルは見ていて面白いです。ちょっと間違った日本みたいなところはあるけど、すごく興味深いです。
色っぽいシーンもあるけど、結構きれいめで、芸術的でした。
原作はサラ・ウォーターズの小説「荊の城」で、ヴィクトリア朝のロンドンの話を、設定を変えて映画化しています。
日本人だと日本語に違和感があって気になってしまうかもしれないけど、ヨーロッパの人がこの映画を見たら、エキゾチックに感じて面白がりそうです。
主役となる2人の女性がきれいで良かったです。
面白いから見てねと思うけど、成人指定です。テレビでは放送できそうにないので、18歳以上の方は映画館でどうぞ。

★★★★☆ 4-

公式サイト 予告編を見たら見たくなりますよ。
  ↓
http://ojosan.jp/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/03/12/8402452/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/03/24 14:55

「オールドボーイ」のパク・チャヌク監督作品。これは観る際には要注意だ。好き嫌いがはっきり分かれるとか、単純にそういう問題ではない。この摩訶不思議なパク・チャヌクワールドにノレるかノレないか。ノレればホント記憶に残る一作となるだろう。(役者では、流石のハ・ジョンウ、オーディションで選ばれたという新人女優キム・テリが個人的にはすごく良かった!)設定は、日本統治下の韓国。日本からの統治者側の一族としてこの地に住む美しい女秀子(キム・ミニ)は先祖からの財産を引き継ぎ、広大な屋敷に叔父の上月(チョ・ジヌン)と住んでいた。その遺産を本来受け継ぐはずだった秀子の母は、秀子が幼い頃原因は謎の首吊りで亡く...

_ 象のロケット - 2017/03/26 01:08

1939年、日本統治下の朝鮮半島。 孤児の少女スッキは、詐欺師から日本人の華族令嬢・秀子の侍女になるよう命じられる。 詐欺師は日本人“藤原伯爵”に成りすまして秀子と結婚し、莫大な財産を手に入れるつもりだった。 両親を早くに亡くした秀子は、希少本コレクターの叔父・上月と暮らしている。 珠子と名を変えたスッキは秀子の世話係となり、“伯爵”と秀子との仲を取り持つことに…。 官能サスペンス。 R-18

_ 銀幕大帝α - 2017/07/27 22:03

THE HANDMAIDEN
2016年
韓国
145分
ミステリー/エロティック/サスペンス
R18+
劇場公開(2017/03/03)




監督:
パク・チャヌク
『イノセント・ガーデン』
原作:
サラ・ウォーターズ『荊の城』
脚本:
パク・チャヌク
出演:
キム・ミニ:秀子お嬢様
キム・テリ:スッキ・珠子
ハ・ジョンウ:藤原伯爵・詐欺師
チョ・ジヌン:叔父・上月



<ストーリー>
1939年、日本統治下の朝鮮半島。孤児の少女・スッキ、莫大な遺産の相続権を持つ令嬢・秀子、秀子の財産を狙う詐欺...