ミュシャ展2017/03/08


ミュシャ展

「ミュシャ展」 国立新美術館
公開日の前日に行われた開会式と内覧会へ行ってきました。


アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、オーストリア領モラヴィア(現チェコ)生まれ、ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学びました。34歳の時に、女優サラ・ベルナール主演の舞台のポスターを手がけたことが話題になり、優美で装飾的な作風で、成功を収めます。
50歳で故郷に戻り、チェコとスラヴ民族の歴史から主題を得た壮大な絵画の連作を創作しました。 およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画«スラヴ叙事詩»です。
チェコ国外で、その全20点が世界でも初めて日本で公開されると話題となっているのがこの「ミュシャ展」です。                                       


       «スラヴ典礼の導入»


       «イヴァンチツェの兄弟団学校»
写真撮影OKの部屋もありました。手前に人がいますが、こんなに大きいのです。


こちらは日本での展示風景じゃないですが、人と絵の大きさの違いをみてください。

色がきれいで感激したのですが、これをよく運んで、搬入したなぁと思いました。
20点全部を一度に見れる、とても貴重な機会です。他の作品もあり約100点の充実の展覧会となっております。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/03/07/8395981/tb

_ dezire_photo & art - 2017/03/09 21:43

アルフォンス・ミュシャAlfons Maria Mucha : Leader of Art Nouveau 東京・国立新美術館で3月8日(水)~6月8日まで(月)ミュシャ展が開催されています。これからミュシャ展をご覧になる方のために、アルフォンス・ミュシャの初期から晩年期にまでわたる生涯にわたる創作活動と、ミュシャ芸術の特徴をご紹介させていただきます。