スケーエン デンマークの芸術家村2017/02/26

スケーエン デンマークの芸術家村
「スケーエン デンマークの芸術家村」 西洋美術館 新館展示室
スケーエンとはデンマークの北端にある猟師町です。バルト海と北海の交わっているあたりで、時に激しい波のうなりで、座礁する船も多い地域のようでした。19世紀くらいまでは、鉄道の駅もなく辺境の地だったようですが、現在はバカンスを過ごすリゾート地になっていて、海と空の美しい場所のようです。
19世紀末から20世紀初めにかけて、北欧の国々から画家や詩人、作曲家などが集まる芸術家村として知られるようになったそうです。ミレーなどで知られるバルビゾン派もそうですが、芸術家が集まる村がデンマークにもあったのです。
スエーケンでは、漁師たちの労働、海辺の風景、村人たちの生活、芸術家とその家族の日常を題材とした作品を描かれていたようです。
チラシの絵はペーダー・セヴェリン・クロヤー《ばら》1893年。美しい奥様、マリー・クロヤーを描いています。マリー・クロヤーのことを描いたビレ・アウグスト監督の「マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて」という映画もありましたが、時間があわずに見逃してしまいました。マリー・クロヤーも絵を描いていて、作品が1つきていました。ペーダー・セヴェリン・クロヤーの作品はどれも美しかったです。あともう1組の夫婦で、画家だったミカエル・アンカーとアンナ・アンカー、こちらもスケーエン派の代表的な画家だそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/02/26/8376041/tb