汚れたミルク あるセールスマンの告発2017/02/22

汚れたミルク あるセールスマンの告発
「汚れたミルク あるセールスマンの告発」 日本シネアーツ試写室(試写会)
1997年。大手グローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売する。不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が発生。セールスマンのアヤン(イムラン・ハシュミ)は、自らの販売したものが子どもたちの命を脅かしていることを知り、企業を訴えようとする…。
ドキュメンタリーではないけど、実話映画。商品は欠陥商品ではないが、衛生的な水がない国では、害になる。そのことを知っていながら、利益のためにたくさん販売する巨大企業。アヤンは身の危険を感じながらも、人生をかけて正義を貫こうとした。
娯楽性は全くないけど、映画に見入ってしまいました。実際に苦しんでいる乳幼児たちが映し出されています。いろいろな圧力もあるようで、この映画はパキスタンや他の国でもまだ上映されていないそうです。映画を見るといろいろな要因もあることがわかります。公にならないままで、その後も子どもたちが危険にさらされているのです。日本での公開が世界初公開になるのだそうです。
社会派ドラマを撮るダニス・タノヴィッチ監督作品を初めて見ました。90分の映画ですが、濃密でした。

★★★★☆ 4

「汚れたミルク」トークイベント2017/02/22

「汚れたミルク あるセールスマンの告発」上映後に鈴木おさむさんをゲストに迎えトークイベントがありました。
鈴木おさむさんも子どもを持つ身なので、いろいろ考えることもあったようです。
映画の背景や、この映画の後、主人公のモデル・アヤンが今はどうしているのか等の話も聞けました。映画公開に合わせて日本に来日する予定だそうです。