レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮2017/01/16

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮
「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」 松竹試写室(試写会)
イタリアルネサンス期。絵画、彫刻、建築、物理など、あらゆる分野で功績を残した芸術家・レオナルド・ダ・ヴィンチをめぐるドキュメンタリー。
ダ・ヴィンチの研究者や各分野の専門家たちの解説と、作品紹介、再現ドラマを交えて、人間像に迫っていく。
正直、興味のない人には退屈かもしれないけど、いろいろな作品のクローズアップが見れたり、絵の中の人物が実写化されているので、良いところもありました。でも、私には難しかったです。
再現ドラマは途切れ途切れで、おまけに長い語りの途中に何度もカメラが切り替わるのが気になりました。別の角度からのカメラになって、カメラ目線で、話が続いていくのです。
それでも、過去に見た作品がどういう人を描いたものか、絵のモデルがどんな人だったのかなど、初めて知ることもいっぱいありました。
「エゴン・シーレ」の映画といい、美術関係の映画は多いです。「エゴン・シーレ」の方が、人間ドラマになっているので、絵のことを知らなくても面白いです。

★★☆☆☆ 2

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック