美女いくさ2017/01/13

美女いくさ
「美女いくさ」 諸田 玲子・著 中公文庫
織田信長の姪で、浅井長政の3女・小督(のちの江)を中心に女たちの戦国時代を描いています。秀吉の養女となり、命じられるままに結婚をし、三度目の結婚で徳川家へ嫁ぐ。この時代の女性たちが、政治の駒のように、結婚によって同盟を結んでいることがよくわかりました。
3姉妹で助け合ったり、他の女性たちと協力したり、対立もあるけれど、夫の家を盛り立てていくのは妻や側室たちのつとめなのですね。
戦国時代の裏に女たちも戦かっていたのです。「冬姫」(信長の娘)もそうでしたが、こういう姫には、自分の為に働いてくれる忍びいて、情報を集めたり、時には命をかけて守ってくれるのがすごいと思いました。そこまで尽くしてくれる影のような存在がいるのは羨ましいです。主人として尊敬されているからこその関係なんだと思います。
それほど歴史に詳しくない私ですが、楽しめました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック