インフェルノ2016/11/16

インフェルノ
「インフェルノ」 TOHOシネマズ日劇
ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、女医のシエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)に助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となったラングドンとシエナは、生物学者ゾブリストが人類増加問題の解決策として恐ろしい伝染病を世界に広めようとしていることを知る。そしてゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」になぞらえて計画を実行していることに気づき、阻止するべく奔走するが…。
ダン・ブラウン原作の「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く3作目。原作は「天使と悪魔」までしか読んでいなかったので、「インフェルノ」の内容は初めて知りました。シエナ役の女優フェリシティ・ジョーンズは、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の主役なんですね。予告と「インフェルノ」を続けて見たら同じ人だとわかりました。
このシリーズは謎解きものですが、次から次と事件が起きるので、けたたましく、ハラハラドキドキでした。謎解きについては、高尚すぎるけど、わからなくても楽しめますね。自分が行ったことのあるフィレンツェやヴェニスなどが舞台で、なつかしく眺めました。芸術好きな作者なのだと思いました。誰を信じればいいのか、誰もが敵に見えてしまう話でした。

★★★☆☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/11/16/8250836/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2016/11/25 16:38

ロン・ハワード×トム・ハンクス。磐石である。磐石過ぎるきらいはあるものの、大層面白かった。生命を賭けて成し遂げようと思える仕事があるのが羨ましい。ついこの間までは常に「自分の仕事が生命(特に人様の)に関わる仕事じゃなくて良かった…」と思っていたのだけれど、どうせ仕事をするなら生命を賭けられる仕事をする、そんな人生も良かったのかもしれない。いや、本作のストーリーなどには直接は関係ないことなのだけれどね。もっと言えば、愛に殉じること、愛する人との約束を守ることに人生を賭けられることは幸せなのかもしれない。そして仕事と愛とどちらを取るか、なんてことは、一時代前の遺物に過ぎないかもしれない。いや...

_ 銀幕大帝α - 2017/03/11 14:00

INFERNO
2016年
アメリカ
121分
ミステリー/アドベンチャー
劇場公開(2016/10/28)



監督:
ロン・ハワード
『白鯨との闘い』
製作:
ロン・ハワード
脚本:
デヴィッド・コープ
出演:
トム・ハンクス:ロバート・ラングドン
フェリシティ・ジョーンズ:シエ...