手紙は憶えている2016/11/10

手紙は憶えている
「手紙は憶えている」 TOHOシネマズシャンテ
妻の死も覚えていられないほど、物忘れがひどくなった90歳のセヴ(クリストファー・プラマー)は、友人のマックス(マーティン・ランドー)から1通の手紙を託される。2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、家族を殺したナチス兵士への復讐を誓っていた。兵士は身分を偽って生きていて容疑者は4人にまで絞られている。身体の不自由なマックスのためにも、セヴは1人で施設を抜け出して、おぼろげな記憶を頼りに、何度も手紙を読み返しながら、敵を探し始める…。
老人が悪人を探す旅に出るというサスペンスで、ハラハラするのかと思ったら、ゼヴの惚けぶりに、大丈夫なのかとそっちの方がハラハラしてしまう内容でした。一度眠るとその前の事や、妻が亡くなったことを忘れてしまうのです。妻の死を知って何度も悲しむし、認知症本人の大変さが感じられました。「メメント」みたいに、忘れながらも、だんだん核心に近づいていくのだけど、そこに待っていた結末にも驚きがありました。
若い頃の回想シーンなどは全くなくて、ヨロヨロと歩きながら、目的を達成しようとする主人公。ボケ老人役がなんてうまいのでしょう。混乱したり、時々キリッと受け答えしたりもします。演じるクリストファー・プラマーは「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐役だったから、若い頃の写真が出るとそっちを思い出してしまいました。
監督は、アトム・エゴヤン。「白い沈黙」に続いて、今作も良かったです。好みは分かれるかもしれないけど。

★★★★☆ 4-

コメント

_ ここなつ ― 2016/11/28 12:49

こちらにもお邪魔させていただきます。
この作品って、ラストの衝撃ももちろん印章深いのですが、現代社会が抱えている問題をうまくクロスさせていて、巧みだと思いました。
でもまあ、確かに好みは分かれるかもしれませんね。(私は好み…でしたが。というか、強く印象に残り過ぎてしまった!!)

_ spice管理人 ― 2016/11/28 17:40

ここなつさん
TBとコメントありがとうございます。私はラストは想像できてなかったので、えー、そうなの。そんなことも覚えてられないの?名前とかも?と認知症の怖ろしいと思ってしまった。結構ビックリしました。私も良かったですよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/11/10/8245344/tb

_ 象のロケット - 2016/11/11 11:26

最愛の妻ルースが死んでも、90歳のゼヴはそれすら覚えていられないほど、もの忘れがひどくなっていた。 ある日彼は、同じ介護施設で暮らす友人マックスから「約束を果たして欲しい。」と、手紙を託される。 2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。 その兵士ルディ・コランダーは身分を偽り、今も生きているという。 体が不自由なマックスを施設に残し、ゼヴは一人で復讐の旅に出る…。 サスペンス。

_ 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ - 2016/11/15 17:21




アトム・エゴヤン新作。
彼といえば、カンヌでグランプリを獲得したスウィート ヒアアフター が有名。
多くの子供を巻き込んだ悲惨な事件後に生きる人々の苦悩と癒し、が響く作品だった。


そして、こちらも悲惨な事件、が物語に大きく関係している。
ただしその事件のスケールは比較にならないほど、巨大。
主人公は第二次世界大戦中、アウシュビッツで家族を殺されたユダヤ人なのだ!
その主人公はすでに90歳...

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2016/11/24 23:50

映画『手紙は憶えている』の原題は“Remember”。はい、確かにそういう映画で

_ ここなつ映画レビュー - 2016/11/28 12:50

監督アトム・エゴヤンという人物は…。いや、私ごときが大上段に構えて「論」をぶつつもりはさらさらないのだけれど、アトム・エゴヤンという人物は、本当に凄い。ホロコースト(ユダヤであれアルメニアであれ)の被虐者の心理を描くのが、凄まじく巧みだ。この作品はネタバレしては絶対にいけない作品なので、詳細は省くが、判ったことは…。被虐者の怨念は永遠に残り、怨讐は留まる事を知らないという事だけは憶えておいた方がいい、ということだ。とはいえ、どういう展開だか少しだけ触れると、とある介護療養施設に入所している年老いた男、ゼブ(クリストファー・プラマー)。彼は認知症を患っている。一週間前に妻のルースを亡くした...

_ 勝手に映画評 - 2016/11/28 22:22

妻が死んだことを覚えていないほど認知症の進んだアウシュビッツ収容所の生き残りが、友人から託された手紙を手がかりに、アウシュビッツ収容所で家族を殺したナチス兵士を探す物語。

重度の認知症で、友人の書いてくれた手紙だけが全てと言う過酷な状態で、よくゼブは任...

_ パピとママ映画のblog - 2016/12/28 15:28

「スウィート ヒアアフター」「白い沈黙」のアトム・エゴヤン監督が「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーを主演に迎え、アウシュヴィッツを生き延びた老人の復讐の旅路を描いたサスペンス・ドラマ。70年前にナチスに家族を殺された主人公が、認知症による記憶障害に苦しみながらも、友人から託された手紙を頼りに復讐へと向かう壮絶な旅の顛末をサスペンスフルに綴る。共演はマーティン・ランドー。
あらすじ:90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)は、妻を亡くしたことさえ忘れるほど物忘れが進んでいた。ある日、彼に友人マッ...

_ 笑う社会人の生活 - 2017/02/24 00:08

18日のことですが、映画「手紙は憶えている」を鑑賞しました。

妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ 彼は友人のマックスから1通の手紙を託される
2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された アウシュビッツ収容所の生存者だった
手紙にはナ...