ダリ展2016/10/04

ダリ展
「ダリ展」 新国立美術館
スペインに生まれたサルバドール・ダリ(1904-1989)は、パリの美術界で活躍。シュルレアリスムを代表する画家。
ガラ=サルバドール・ダリ財団(フィゲラス)、サルバドール・ダリ美術館(フロリダ州セント・ピーターズバーグ)、国立ソフィア王妃芸術センター(マドリード)の3つの主要なダリ・コレクションから招来される作品を中心に、国内所蔵の重要作品を加えて、約250点。初期作品から、印象派風やキュビスム風など、多面的なダリの絵を見ることができます。
日本では約10年ぶりとなる本格的な回顧展になるそうです。過去の展覧会では、見たことのない絵がたくさんありました。時間帯によってはかなり混んでいるようですが、見応えのある美術展でした。
福岡市美術館所蔵の 「ポルト・リガトの聖母」、ダリの妻のガラが聖母マリアのモデルとなっていますが、昔はこの絵は秋葉原にあった美術館に展示されていました。バブルの時に日本で買った物でしたよね。久しぶりに再会できました。
ダリとウォルト・ディズニー・カンパニーのコラボレーションとして制作された短編アニメーション作品「デスティーノ」を上映していました。魅入ってしまいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック