君の名は。2016/08/15


君の名は。

「君の名は。」 一ツ橋ホール(試写会)
1000年ぶりという彗星の接近が迫ったある日、山深い田舎街に暮らす女子高生の宮水三葉(声・上白石萌音)は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。三葉は、日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧(声・神木隆之介)も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。お互いが夢だと思っていたことが、周りの話を聞くうちに、実際にも入れ替わっていることがわかる…。
前作「言の葉の庭」から3年ぶの新海誠監督のオリジナル長編アニメ。
なんといっても美しい風景に目を奪われます。自然も良いですが、東京は主に新宿が出てきて、リアルな光景です。そういえば「言の葉の庭」も新宿御苑が舞台でした。
「君の名は」って言ったら、岸惠子さん主演の昔のテレビドラマかって思ってしまうけど(時代的に見ていませんが、有名ですよね)、話は全く違うもんでした。そもそも時代が違います。それに男女が入れ替わる話といてば映画「転校生」か!って思ってしまうけど、それもちょっと違っていて、不思議な現象が起こっている話でした。「転校生」の雰囲気はありましたけど。説明するのがちょっと難しい入れ替わりでした。それが、精密に考え出された珠玉のストーリーになっていて、多くの人が心を打つ話になっていたと思います。登場人物も魅力的で、主役2人の声も良かったです。上白石萌音ちゃんの声は、かわいらしかったです。他にも市原悦子さんや長澤まさみさんも声の出演をしています。何度も試写会をしているようだし、宣伝にも力を入れているように感じました。前作よりも公開劇場が格段に多いようで、多くの人が見てくれることになると思います。美しい映像は劇場で見るとより良いと思いますよ。
挿入歌や主題歌を担当しているRADWIMPSの音楽は、映像とシンクロしていて、感動します。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック