ルノワール展2016/07/03

ルノワール展
「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」 国立新美術館

チケット売り場はすいていたけど、会場に入ると混雑していました。
さすがは印象派の巨匠・ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)、人気があります。それもオルセー美術館とオランジュリー美術館の作品が来ているのですから、混むのもあたりまえかも。
日本初来日の《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》をはじめ、見応えのある作品がいっぱいありました。
7月3日の「日曜美術館」で紹介されるそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック