リバース2016/06/24

リバース
「リバース」 湊 かなえ・著 講談社
事務機会社に勤める深瀬和久は、平凡なサラリーマン。趣味はコーヒーを飲むこと。近所でコーヒー豆専門店をみつけ、常連となり、そこで出会った美穂子という女性と親しくなる。その美穂子のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が送りつけられる。誰が何の目的で?
美穂子に問われるまま、深瀬は3年前に大学のゼミ仲間との旅行中、亡くなった友人の事故とその真相を語る…。
こんなにコーヒーが出てくる小説だとは、知りませんでした。しかし、よく見るの表紙の絵がコーヒー豆がデザインされていたのです。
イヤミスの女王と言われる湊かなえさん作品なので、想像はしていましたが、最後に衝撃がありました。因みにイヤミスとはイヤな気持ちになるミステリー、後味があまり良くないのです。
この本もハッピーな気分にはならないですが、構成が巧みで、面白かったです。初めから、暗い雰囲気でした。そんな中でも、小説に出てくる<クローバーコーヒー>は、豆が買えて、飲むスペースもあるコーヒー豆専門店。若い夫婦がやっていて、こういうお店が近所にあるのはいいなぁと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック