裸足の季節2016/06/15

裸足の季節
「裸足の季節」 シネスイッチ銀座
北トルコの小さな村。10年前に両親を亡くし、祖母の家で暮らしている五人姉妹。年頃になり、昔からの慣習で、家族が決めた結婚相手へ嫁がされていく。意にそぐわない結婚をしたくない娘たちは、自由を手に入れようとするが…。
中心となる末っ子のラーレがキリッとした美人で良かったです。姉たちもみんな美しかったです。若さあふれ、元気いっぱいで、仲良し姉妹。
現代の日本なら、思い通りに恋愛できないというのは、信じられないけど、女性が抑圧されている国はまだたくさんあるのだろう。
祖母は孫たちを愛していないわけでもなく、むしろ孫を思っているのだろうけど、携帯もパソコンも禁止されて、家に軟禁状態なんて、特に若い人が見たら、なんとか脱出させたいと思うはずです。さて逃走劇の結末は?劇場で確かめてほしいです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/06/15/8111740/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2016/06/29 12:20

本作を鑑賞し終えた人の中にはこの作品に、感動や爽やかな余韻を感じる人も多いだろう。そのこと自体を批判するつもりは全くない。全くないのだが、私はとてもそんな気持ちにはなれない。10年前に両親を亡くした美しい五人姉妹、トルコの片田舎、風光明媚な海岸線、手の込んだ料理、清潔な寝具、そういうのを全て取っ払って考えてみよう。ただこの事実だけが浮かび上がる。「女」だというだけで、柵を張り巡らされた家の中に閉じ込められ、外出の自由もなく、教育を受ける機会を奪われ、若過ぎる10代での結婚を強いられる。NGOが救出活動に乗り出してもおかしくない。センチメンタルな気分になっている場合ではないのだ。電化され、...