ヘイル、シーザー!2016/05/27

ヘイル、シーザー!
「ヘイル、シーザー!」 TOHOシネマズシャンテ
1950年代のハリウッド。超大作「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優で世界的スターのベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。撮影スタジオを仕切り、トラブルを対処してきた何でも屋のエディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)が、事件解決に挑む。
監督はジョエル&イーサン・コーエン兄弟、どっちかというと映画通向き。
いろいろなエピソードは面白いけど、そんなにつながりがあるようにも思えなかったし、鮮やかな推理がさえると言う感じでもなかった。ジョシュ・ブローリンが常に忙しそうで、見ていてやすまらなかった。
ハリウッドの撮影風景を挿入しながら、豪華な出演者は見どころ。セクシーな女優役のスカーレット・ヨハンセンや、ミュージカルスターのチャニング・テイタム、なまりの強いアクション俳優のオールデン・エアエンライクなど、映画監督役でレイフ・ファインズ。ジョージ・クルーニーはいつものクールな役と違って、スターなのにさえない。初めから最後までローマ時代の衣装を着て、とぼけた雰囲気。スカーレット・ヨハンセンのシンクロのようなシーンは美しく、チャニング・テイタムの歌とダンスは圧巻。ウエスタン俳優役のオールデン・エアエンライクは、投げ縄テクニックがすごい。「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画で、若き日のハン・ソロ役に決定しているそうね。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/05/27/8096678/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2016/05/27 15:41

もう今週はバタバタでぐちゃぐちゃで疲れ果ててて、だからと言って来週の事も見えなくて、もうどーでもいーから週末位はノー残業(死語)で何もかも忘れてさくっと映画でも観てやる!明日の事は明日考えるんだもんね!などという気持ちになった金曜日の夜などにはちょうどいい作品。つまり、可もなく不可もなく、という娯楽作品である。しかし、しかーし!本当は深〜いのかもしれない。当時のアメリカでは(って正確にいつの時代設定だかは知らないけど)赤狩りの嵐が吹き荒れ、その影響がハリウッドにまで及んでいる頃だった筈だから。「何でも屋」ジョシュ・ブローリンが楽で報酬も多いものと、苦難の道とのどちらを選ぶかを告解しつつ迷...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2016/06/15 05:37

『ヘイル、シーザー!』を渋谷Humaxシネマで見ました。

(1)ジョージ・クルーニーの出演作というので映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、キリストの像が大きく映し出された後、主役のマニックス(ジェシュ・ブローリン)が、教会の告解室で神父に告白をして...

_ 笑う社会人の生活 - 2016/06/30 07:51

1日のことですが、映画「ヘイル、シーザー!」を鑑賞しました。

1950年代のハリウッド メジャースタジオの命運を賭けた大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中
主演俳優のスター ウィットロックが何者かに誘拐される 事態の収拾を任された何でも屋が解決に向けて動いて...