あやしい彼女2016/04/12

あやしい彼女
「あやしい彼女」 TOHOシネマズ日本橋
苦労して女手ひとつで娘を育て、自分のしたいこともできなかった73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は、ある日ケンカして家を飛び出す。不思議な写真館へ吸い寄せられ、写真を撮ってもらうと、何故か20歳の姿(多部未華子)に戻ってしまう。髪を整え、服をチェンジ。人生を楽しもうと思い始める。町内ののど自慢大会で歌声を披露したら、音楽プロデューサーの目に留まり、孫のバンドでボーカルを担当することに…。
韓国版の「怪しい彼女」のリメイク。韓国版を見ていたから、話はだいたい同じでした。内容がわかっていても面白かったです。多部未華子ちゃんも好きです。かわいかったです。途中吹き出しそうになるところがいっぱいあるし、良い話のところはしんみり。最後まで楽しめました。
多部未華子ちゃん、歌も上手なんですね。懐かしの昭和歌謡が聴けました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/04/12/8069779/tb

_ 象のロケット - 2016/04/15 12:49

73歳の瀬山カツは、娘・幸恵や、孫息子・翼の自慢話ばかりしている毒舌おばあちゃん。 ところが、娘とケンカして家出した彼女に、2度目の青春がやって来た! 突然外見だけが20歳に若返ってしまったのだ! こうなったらとことん好きなように生きてやろうと、「大鳥節子」という名前で新たな人生をスタートさせることに。 そんな彼女の天声の歌声は、たちまち周囲を魅了していく…。 コメディ。

_ とりあえず、コメントです - 2016/04/17 21:56

2014年の韓国映画「怪しい彼女」を多部未華子主演でリメイクしたコメディです。 オリジナルも観ていたので、あの作品をどんなふうに邦画にするのだろうと気になっていました。 俳優陣のさすがの演技と戦後の動乱期を時代背景にしたエピソードや懐かしい歌謡曲の数々に これは泣かせるなあと思いながらスクリーンを見つめていました。

_ 或る日の出来事 - 2017/08/01 06:15

思ったとおり、よかった。