無伴奏2016/04/01

無伴奏
「無伴奏」 丸の内TOEI
1969年仙台。反戦運動や学園紛争が盛んな時代。高校3年生の響子(成海璃子)は、同級生に連れられて名曲喫茶“無伴奏”へ行く。そこで大学生の渉(池松壮亮)とその親友・祐之介(斎藤工)らに出会い、親しくなる。いつもパッヘルベルの「カノン」をリクエストする渉に次第に惹かれていくが…。
多感な時期の少女が恋をして成長していくだけの話かと思ったら、意外な展開がありました。親や社会への反発、大人への憧れが入り混じり、なんともいえない衝動に突き動かされながらも、大人への階段を上がっていく少女。時代背景が1969年~1970年代で、昭和の雰囲気が良かったです。“無伴奏”という店、タバコ、コーヒー、公衆電話、桃の缶詰、レコードなどなど。
ファッションもよく再現されています。ミニスカート、水着、男性は今よりもハイウエストでベルトをするスタイルでした。
原作は直木賞作家・小池真理子の半自伝的小説ということなので、文学好きな響子がノートに思いついたことや、誰かの言葉を書き綴ってているのも納得です。
昔の映画のようなテンポや言い回しなので、その時代を知らない人は違和感があるかもしれません。私もそんなに知らないけど。
複雑な恋愛模様に揺れ動く心情を、成海璃子は体当たりの演技で魅せてくれます。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/04/01/8061774/tb

_ 象のロケット - 2016/04/15 12:53

日本中で反戦運動や全共闘運動が起こっていた1969年、宮城県仙台市。 女子高3年の野間響子は、学校で親友らと制服廃止運動を開始した。 ある日、友人に誘われて入ったクラシック喫茶「無伴奏」で、彼女は大学生の渉、彼の親友の祐之介、祐之介の恋人エマの3人と出会う。 渉と付き合うようになった響子だったが、やがて衝撃的な事件が起こる…。 ラブ・ストーリー。 R-15

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2016/04/19 17:12

 『無伴奏』を新宿シネマカリテで見ました。

(1)予告編を見て良さそうに思えたので映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭は、表紙に「DESIGN」とある大型のデッサン・ノートに、ポール・ニザンの言葉(注2)が書きつけられます。
 次いで、「We shall Overcom...

_ 花ごよみ - 2016/04/20 14:23

原作は小池真理子の半自叙伝的小説。

舞台は学生運動が盛んだった
1970年前後の仙台。
クラシック音楽喫茶「無伴奏」で
出会った男女4人の恋を描く。

主人公の高校3年生の野間響子役を成海璃子、
無伴奏で出会った響子の恋人、
堂本渉役を池松壮亮、
渉の友人、関祐之...