2016/02/18

流
「流」 東山 彰良・著 講談社
1970年代の台湾。中国に起源を持つ家族で、主人公は17歳の少年・秋生(チョウシェン)。かわいがってくれた祖父が何者か殺された。暴力沙汰や友情、反抗、失敗、友情、初恋と秋生の青春とともに語られ、導かれるのは祖父の死の真相。
台湾と中国の関係や、その時代の流れに強く影響を受けています。
主人公の成長小説で、粗野だけど、力強く、最近は言わなくなった言葉だけど“バンカラ”な青春がギュッと詰め込まれています。
台湾で映画化してほしいと思いました。時代背景からして、日本に置き換えて作るのが難しい話です。昔の中国ってすごかったなぁ。
すごい満足した小説です。面白かったです。直木賞受賞作。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック