あの家に暮らす四人の女2016/01/10

あの家に暮らす四人の女
「あの家に暮らす四人の女」 三浦 しをん・著 中央公論社
古い洋館に暮らしている四人の女性。母(70代)と娘(30代)、縁あってやってき娘の友人(30代)とその同僚(20代)。敷地内の別の家には昔から住んでいる男性の老人もいます。
4人の女性の日常が描かれていて、性格は違うけど、気も合うようで、助け合って生活しています。特別な大事件はないかもしれないけど、細かいことはいろいろ起こります。30代アラフォー女性の微妙な気持ちの描き方が良いです。時にはファンタジックなところもあります。昔のドラマのような雰囲気もして、私は面白かったです。
三浦しをんさんは、こういう小説も書くのかと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック