1001グラム ハカリしれない愛のこと2015/11/01

1001グラム ハカリしれない愛のこと
「1001グラム ハカリしれない愛のこと」 Bunkamura ル・シネマ
ノルウェーの測量研究所の女性研究員マリエ(アーネ・ダール・トルプ)は、スキーのジャンプ台の長さやガソリンスタンドの計器のチェックなど、あらゆる測量をこなす日々。結婚生活は規格通りにはいかず、離婚手続き中。ある日、ノルウェーの1キロの基準となる大切な重り(キログラム原器)を持ってパリの学会に代理で出席することになる。フランスに渡ったマリエに思いがけない出会いがある…。
あまり説明がないので、初めは人間関係がよくわからなかったりしました。
パリの国際セミナーに参加し、各国の人々がキログラム原器を持って集まってきます。本当にこういうことがあるのか不思議な世界でした。でも、堅い感じの集まりだし、終始真面目な会話が続きます。マリエは孤独な女性で、前半は特に淡々としていて、進むのが遅く感じられました。単調な毎日が繰り返され、無機質な映像なんです。そんな中、マリエが乗っている電気自動車が鮮やかな青色で、シンプルな街並や建物、自然の中に映えるのです。電気自動車は重要な役割をしています。パリで出会う男性とは車がきっかけになっています。
監督のベント・ハーメルは「キッチン・ストーリー」「ホルテンさんのはじめての冒険」など、おじさんの気持ちを描くことが得意な方だと思っていましたが、今回は女性が主人公で、様々な経験を通して、彼女なりの答えをみつけていく幸せさがしの話でした。人にはすすめにくいけど、私は良かったと思います。ただちょっと眠くなるかも。

★★★☆☆ 3+

ミックスサンド2015/11/02

“CAPITAL COFFEE”のミックスサンド。映画の前に食べました。この日はハロウィン。渋谷はすごいことになっていました。
映画を見終わったら、どんどん人が増えてきたので、寄り道したかったけど、やめて帰りました。ゾンビ等がいっぱいいる渋谷から脱出。メイズ・ランナー2みたい。翌日も渋谷へ。もう大丈夫でした。

風景画の誕生2015/11/02


風景画の誕生

「風景画の誕生」 Bunkamura ザ・ミュージアム
オーストリア・ハプスブルク家のコレクションに始まる膨大な数の美術作品が所蔵されているウィーン美術史美術館。そのコレクションの中から風景画が出てきた頃の作品を公開。17世紀オランダやフランドル絵画が中心です。


ヒエロニムス・ボスの模倣者《楽園図》
ボスの絵が見たかったのですが、本人の作品じゃなかったのは残念。模倣作品です。


ボスの作品に描かれている怪物(?)のオブジェがありました。風景画とはあまり関係がないような。


ゴールドラッシュのハンバーグ2015/11/03


ハーフ&ハーフ

渋谷の“ゴールドラッシュ”のハーフ&ハーフ(レディースセット)。
ゴールドラッシュハンバーグとチーズハンバーグのセットです。おいしかったです。


東急百貨店地下の“林フルーツ”で、私は右の杏仁豆腐を食べました。

ヴェルサイユの宮廷庭師2015/11/03

ヴェルサイユの宮廷庭師
「ヴェルサイユの宮廷庭師」 Bunkamura ル・シネマ
17世紀フランス。国王ルイ14世(アラン・リックマン)が新たな王宮の庭園建設が計画を指示。責任者の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)は、無名の庭師サビーヌ・ド・バラ(ケイト・ウィンスレット)と面接。反発しながらも、彼女の自由な発想による設計に興味を持ち、「舞踏の間」を任せることにする。才能を秘めた彼女に次第に心魅かれていく。
大人のロマンスという感じでした。心に傷を負うサビーヌは未亡人です。マダム・ド・バラという呼び名もピッタリで、とても美しかったです。尊敬するル・ノートルのことが気になっていくのですが、妻のいるル・ノートルなので、心を隠しているのです。ル・ノートルを演じたマティアス・スーナールツは、愁いがあって、ステキでした。お決まり(?)の妨害工作もあり、「舞踏の間」の出来上がりは、果たしてどうなるのかと、気になって見てしまいます。この時代のファッションや習慣も興味深いです。
監督脚本は出演もしているアラン・リックマン。俳優としても一流ですが、監督としても上手いです。監督第2作目だそうです。

★★★★☆ 4

流れ星が消えないうちに2015/11/04

流れ星が消えないうちに
「流れ星が消えないうちに」 スペースFS汐留(試写会)
主人公の奈緒子(波瑠)は、突然の事故で恋人の加地(葉山奨之)を亡くした影響で、玄関でしか眠れなくなってしまった。今は加地の親友であった巧(入江甚儀)と、つきあっているが、加地を裏切っているような、後ろめたい気持ちがある。巧にもそれはあって、亡くなった加地を通して同じ傷を抱えている。転勤していた父が、突然帰って来て、菜緒子と2人で生活するようになったり、様々な周囲の出来事や、巧との毎日の中で、少しずつ考えを変えて、前に進みはじめる。
しっとりとした映画でした。高校時代の加地とのエピソードと、現在の生活が入り交っています。奈緒子を演じる波瑠のヘアスタイルが違うので、どっちの話かわかりやすくなっているのですが、つきあい始める前のことや、つきあってからのことと、時系列でなく登場します。あたかも思い出がとりとめもなく思い浮かんでくるようにです。新しい恋人がいても大切な思い出であることには変わりないのです。それを優しく見守ってくれる現在の恋人なんです。高校時代は誰にでもあるような若い頃のドキドキを感じさせます。時代も前のことになるせいか、文化祭でオクラホマミキサーを踊るというのは、胸キュンというよりも、見ているこちらは気恥ずかしくなりました。でも青春だなぁと思えることは多かったです。天文部だった彼の告白がプラネタリウムに関係していたり、星はこの映画では大切な要素で、夜のシーンも多かったです。日本らしい家屋や、家庭料理、夜の町を散歩するなど、なんとも懐かしさを感じさせる映画でした。ラストシーンも良かったと思います。

★★★★☆ 4

「流れ星が消えないうちに」舞台挨拶2015/11/04

流れ星が消えないうちに舞台挨拶
左から、柴山健次監督、渡辺早織さん、入江甚儀さん、葉山奨之さん、塩ノ谷早耶香さん、桐嶋ノドカさん。
右の2人の女性は主題歌と挿入歌を歌っている方。
波瑠さんは来なかったけど、トークショーや、歌もあって、サービス良かったです。ホール内で、プラネタリウム投影もして、きれいでした。

掌の中の小鳥2015/11/05

掌の中の小鳥
「掌(て)の中の小鳥」 加納 朋子・著 創元推理文庫
連作短編で、登場人物がちょっとずつ関わりあっています。日常の中で起こる不思議なできごとを、主に泉さんという女性バーテンダーのお店“エッグスタンド”で、語られます。そのミステリーをひもといていきます。
いろいろな伏線があって、注意深く読むと、意味があったりします。何も気がつかずに、どんどん読み進んでしまいました。答えは提示されるので、それを読んで納得していました。

プリンス・オブ・ブロードウェイ2015/11/06

プリンス・オブ・ブロードウェイ
「プリンス・オブ・ブロードウェイ」 東急シアターオーブ
ハロルド・プリンスはブロードウェイの演出家で、「オペラ座の怪人」「キャバレー」「エビータ」など有名な作品を手がけています。
そんな演出した作品の数々を、ハロルド自身の語り(市村正親さんのナレーション)で、各作品からのシーンを切り取って、ダイジェスト版のように見せてくれます。宝塚を最近退団した柚希礼音さんを含む、総勢10名のキャストが歌って踊ります。実力ある人たちが、揃っているは歌を聴けばわかります。
そういうものなので、特にストーリーはないのですが、ミュージカルのメインとなるシーンが次々と出てきます。詳しい人が見たらもっと楽しいかもしれません。私でも知っているような作品もありますし、知らなくても楽しく見れました。

アート オブ ブルガリ2015/11/07

アートオブブルガリ
「アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝」
東京国立博物館 表慶館
建物を生かして、プロジェクションマッピングらしき技法を随所に生かして、シックでおしゃれな空間でした。
ゴージャスなブルガリの宝飾品をたくさん見てきました。きれいでしたねぇ。腕時計や、ドレスなどもあります。ペンダントやチョーカーが多かったです。往年の大女優たちが、映画の中やレッドカーペットを歩く時に付けているのだなぁ。
ミュージアムショップでは、もしかしてブルガリ商品が販売しているのかと思いきや、ショップらしきものはありませんでした。あっても買えないですし、買ったとしても付けていくところもございません。