Mommy マミー2015/05/31

Mommy マミー
「Mommy マミー」 ヒューマントラストシネマ有楽町
シングルマザーの大安(アンヌ・ドルバル)は、15歳の息子スティーヴ(アントワン=オリビエ・ピロン)が入っていた施設から出ることになり、一緒に暮らし始める。スティーヴは、ADHD(多動性障害)のため情緒が不安定で、時々抑制が効かなくなってしまう。そんな時に、隣りに住む引きこもりがちな元女性教師カイラ(スザンヌ・クレマン)と親しくなったことから、日々に変化が訪れる。
ADHD(多動性障害)の息子スティーヴは、想像していたよりも、かなりアクティブでした。意見はビシビシと言うし、運動神経も良いのです。
映像がほとんど真四角で、緻密に計算された構図で芸術的でした。
カナダの空気感が感じられる明るい映像美でした。前に見たカナダの映画もそうだったけど、自然光が瑞々しく感じます。
そんな美しい自然を見つつも、この映画は母親の愛と葛藤が、心に迫ってきます。登場人物3人が、みんな魅力的でした。音楽も良かったです。
若干25歳にしてこういう映画を撮ってしまうグザヴィエ・ドラン監督に、教えられます。

★★★★☆ 4