百日紅 Miss HOKUSAI2015/05/18

百日紅 Miss HOKUSAI
「百日紅 Miss HOKUSAI」 テアトル新宿
浮世絵師・お栄(声・杏)は、父であり師匠でもある葛飾北斎(声・松重豊)とともに、絵を描いて暮らしている。そこにいついている同じく絵師の善次郎や、北斎を尊敬する国直などとの関わりや、離れて暮らす妹のことなど、凛として生きるお栄を中心に江戸の暮らしが描かれる。
原作は杉浦日名子の漫画ですが、それを読んでいると、映画はちょっと短い感じがしました。北斎家族と盲目の妹の関係が中心になっているように思いました。もっといろいろなエピソードを見たかったです。国直の絵が出てこないのもちょっと残念でした。
そういう物足りない気持ちもあるものの、映画は絵が美しくて、江戸の四季が感じられたし、良かったです。北斎やお栄の描く絵もリアルだったし、漫画のエッセンスは残しつつも、わかりやすくなっていました。北斎の人柄やすごさがわかるし、時に怪談のような話もあって迫力ある映像で見せてくれます。犬もかわいかったです。お栄さんは漫画よりきれいです。声優陣も豪華でした。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック