バードマン2015/05/09

バードマン
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 TOHOシネマズシャンテ
かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で人気を博しながらも、低迷している俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけたブロードウェイの舞台に挑むことに。レイモンド・カーヴァーの作品を自ら脚色し、演出も主演も兼ねて一世一代の大舞台にのぞもうとした矢先、出演俳優の降板などトラブルが彼を苦しめる。代役に実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えるが、リーガンは、次第に精神的に追い詰められていく。
とても面白かったけど、予告編で使われているノリが良い音楽と違って、虚構と現実が入り混じり、ジリジリと追いつめられていく気分を味わいました。心情を表すかのようにドラムがけたたましく鳴り響きます。
何といっても全てがつながっているかのようなカメラワークに驚きました。ノンストップで斬新な映像でした。脇を固める俳優さんも実力派ばかり。
いろいろと解釈できる映画でした。ラストも人によって感じ方が違うのではないでしょうか。
アカデミー賞作品賞受賞なのは、私にはちょっと意外です。良かったけど、シュールな世界だし、好みが分かれそうだからです。アカデミー賞を選ぶ人はエンターテイメント業界に携わっている人たちだから、気持ちがわかるのかも。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2015/05/09/7630056/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2015/05/15 17:02

芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最大限に使わなければならなかった私は久しく芝居の世界から遠ざかっていた。もうひとつ、LIVEなので終演時間が読めない、という点が、帰宅時間に制約のある身としては厳しい。だからと言ってきっちり時間通りに終る芝居なんて本末転倒で、時間に制約のある私にとってでさえそれは意味が無い。又、芝居ほど各人の好みが分かれるものも無いと思う。芝居小屋の持...