プレーン ジェリコ2015/05/03

コメダ珈琲のジェリコ
中野にも“コメダ珈琲店”があったので、試写会帰りに入ってみました。
コーヒーゼリーとアイスコーヒーを混ぜたものに、生クリームがのっているのを頼みました。ジェリコというメニューでした。期間限定メニューでチョコナッツ ジェリコというのもあったけど、私はプレーンをチョイス。
ミックスサンドは同行者が食べていたものです。私は映画の前にパンを食べたので。
中野で試写会があったら、また行ってしまいそうだなぁ。

シンデレラ2015/05/03

シンデレラ
「シンデレラ」 TOHOシネマズ日劇
母を病気で失ったエラ(リリー・ジェームズ)は、父の後妻である継母(ケイト・ブランシェット)とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と呼ばれ、召使いのように扱われていた。ある日、耐えきれずに家を飛び出したエラは、森の中で城で働いているという青年キット(リチャード・マッデン)と出会う。実はキットは王国の王子で、エラのことが忘れられない。花嫁探しのために国中の未婚女性を招いた舞踏会を行われる…。
誰もが知っているシンデレラの話を、忠実に実写化しています。ケイト・ブランシェットが存在感抜群で悪役を演じ、魔法使いはヘレナ・ボナムカーターと豪華な配役です。監督は俳優でもあるケネス・ブラナー。
夢見る小さな女の子が見たら、本当にうっとりしちゃう映画です。主人公もきれいだったし、魔法をかけられて美しいドレスを纏うシーンが良いです。子どもだけじゃなく大人が見ても楽しめる映画でした。
宮殿を俯瞰で見るところは、カメラが上昇して行ってリアルでした。ダンスのシーンはぐるぐる回っている感じで、酔いそうです。大きいスクリーンで、前の方で見たせいかもしれません。臨場感がありました。

★★★☆☆ 3+

脳内ポイズンベリー2015/05/03

脳内ポイズンベリー
「脳内ポイズンベリー」 ニッショーホール(試写会)
駆出しの作家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で出会った年下の青年・早乙女(古川雄輝)と偶然再会。
彼女の頭の中では、「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」という5つの思考がせめぎあい、声を掛けるか否かで会議を繰り広げはじめる。その結果、早乙女を食事に誘ったいちこは彼の部屋にまで押しかける…。
すごい面白かったです。かなり笑えます。脳内の会議をするのが西島俊之さん、神木隆之介さん、吉田羊さんなど、それぞれに特徴がよく出ていて会議が面白いのです。それにアラサーの恋愛模様や、気持ちがうなずけるのです。若い男の子にはときめいて、年上で安定している男性にもいいよられるという状況。古川雄輝さん演じる年下の男の子と、成河さん演じる年上の男性も、どちらも魅力的でした。この映画にはピッタリでした。
いちこを演じる真木よう子さん、かわいらしかったし、ファッションやひとり暮らしの部屋が超おしゃれです。
「キサラギ」の佐藤祐市監督と知って、この面白さに納得です。

★★★★☆ 4